ペットの犬専用の洋服選びは犬の種類と用途に応じて行う

ドッグウェアを身につける理由

ペットとして飼われている犬の中には、専用の服であるドッグウェアを着ているものもいます。ドッグウェアを身につける理由としては、おしゃれ目的の他、毛抜けや汚れから防ぐ役割、病気や変化しやすい温度などの外的環境から身を守る役割があります。そのため、ペットとしての犬に着させる飼い主も増えています。

ドッグウェアの選び方

ドッグウェアを扱っている専門店が多数存在し、多くの種類がラインナップとして並んでいます。その中から選ぶ基準として重要なことは、買っている犬に適したサイズです。首周りや胴回り、着丈などの長さは、大型犬から小型犬まで犬種により大きく変化するため、事前に測っておくことが必須となります。サイズが小さいなどの理由でも愛犬にとっては大きなストレスの原因となります。サイズの次に注意したい点として、素材選びも重要です。コスト重視のドッグウェアには静電気を起こしやすい化学繊維が使われていることが多いため、多少値が貼っても天然素材のものを選ぶ必要があります。

ドッグウェアの種類について

ドッグウェアには用途や目的に応じて、複数の種類が用意され、最も種類が多いウェアがおしゃれ着と言われるものです。見た目を変えることが目的となっていますが、誤食や毛玉に注意して選ぶ必要があります。機能性重視のドッグウェアには、寒さ対策の防寒着やレインウェア、マナー用のものがあります。暑い国で育った犬種の場合や雨の日が多い日などに、温度低下が原因となる病気を防ぐための素材が利用されていることが特徴です。マナー用にはベルトやバンドのようなおむつの役割を持つものも含まれています。

愛犬には可愛い服を着せて着飾りたいものです。しかし、サイズが合っていないものを着せると、愛犬が嫌がったりストレスを感じてしまう事もあります。そのため、犬の服は愛犬のサイズに合ったものを選びましょう。