ファッションに使っておしゃれに決まる!機械式時計とそのメンテナンス

ファッションとしてもおしゃれな機械式時計

携帯電話やスマートフォンが普及していることで腕時計をしない人が多くなっています。しかし腕時計は、身につけるだけで服装を素敵に見せることがあります。少し古い外国の映画に登場するスーツを着た男性は、大抵雰囲気のある腕時計をしています。そのファッションをカッコよく見せる腕時計はほとんど機械式の腕時計であることが多いです。
機械式時計は、ゼンマイを用いて動くので中は繊細な多くのゼンマイで構成されています。価格も手頃なものから高級なブランドのものまであり様々です。時計としても日常的に十分役立ちますが、ファッションとしても腕に取り入れるだけでおしゃれに決まります。デザインもいろいろでハリウッドスターにも愛好家がいるほどです。

機械式時計のメンテナンス

時計本体のメンテナンスには、化繊のメガネ拭きなどを使うと簡単な汚れは落ちます。しかし水拭きは中のゼンマイが錆びやすくなるので避けます。また汗をかいた時もすぐ拭き取り、保管は乾燥した場所に置くようにします。
文字盤のあるガラスやアクリル面には、細かい傷がつきやすいです。そんな時、アクリル面の場合は歯磨き粉などで磨けばきれいになります。
ベルトでは、金属製のものでは使ううち皮脂や垢で汚れが目立ってきます。それには必ず時計本体から離して中性洗剤で洗います。革製のベルトには革靴と同じような手入れをします。乾燥にはクリームを塗って保革し、湿度を低くしカビに気をつけます。
時計の内部のメンテナンスは専門の業者に任せます。その内容とは、分解し点検したのち洗浄し、摩耗した部品を交換し再度組み立て、進み方などの調整です。

宝飾品メーカーとしての認知度が高いダミアーニは、腕時計メーカーとしても活躍しています。デザイン性と機能性の高い物を取り扱っているメーカーです。