こんなにあった!ブラインドの種類

ブラインドというと、オフィスで使われているイメージですが、最近では一般家庭でも取り付けられるようになってきました。ブラインドはカーテンと異なり、調整によって採光や風通しの具合を変えることができるというポイントがあります。そんなブラインドにはさまざまな種類があります。まず、1つ目にご紹介するのは、最も目にする機会が多いであろう横型のブラインドです。ベネシャンブラインドという名前がついているこのブラインドでは、ついている羽の表と裏の色が違ったり、調整によって一枚の絵になるような工夫のある種類があるなど、オシャレなものも販売されています。バーチカルブラインドと呼ばれる縦型のブラインドでは、ベネシャンブラインドとは異なり、床と垂直に並んでいる羽の調整によって光や風を調整します。アルミ製だけでなく、布でできているものもあるので部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。ほかにも、木製のブラインドや羽のついていないロールスクリーンと呼ばれる一枚の布でできているブラインドもありますよ。

ブラインドは光の角度を調整できる?

ブラインドを設置し、羽の向きを調整することで外から当たる光の角度を変えることができます。そのため、日光を当てたい植物がある場合はその向きに光を入れることができます。ほかにも、寒い冬の日には日光を床にあてるように調整することで部屋全体を温めることができるようになります。部屋に差し込む光を調整することで、自然光を利用しつつ快適な暮らしを送れるようになるでしょう。

建物によって異なる窓のサイズに合わせたいときはオーダーのブラインドが便利です。どんな形の窓でも長さや幅に関する心配がなくなります。