知らなかった!機械式時計はメンテナンスで寿命が長くなる!

新品の機械式時計にオーバーホールが必要なの?

機械式時計は新品で購入してから3年で時計職人に依頼してメンテナンスを行う必要があるファッションアイテムです。機械式時計のメンテナンスはオーバーホールと呼ばれる分解掃除で、ストラップやケースを含め細かな部品でできているムーブメントまで分解されます。分解された部品はきれいに洗浄され、必要があれば交換修理などがされますが、オーバーホールが完了するまで数週間から1か月程度かかるのが一般的です。時間もかかるし、数万円の料金がかかるため一見コンディションに何も問題が無いのならメンテナンスをする必要性を感じないかもしれません。しかし、オーバーホールは機械式時計の寿命に大きく影響します。特に、新しいアイテムは運針を開始してから3年間は、部品と部品の摩擦などにより金属粉が出てオイルを汚しやすくする時期です。長く愛用したいのなら3年目のメンテナンスは忘れないようにしましょう。

オーバーホールが必要な時期

オーバーホールは最初の3年目に行ってから次回以降は4年から5年ごとに依頼しましょう。機械式時計は繊細な部品でつくられているため経年劣化しやすく、メンテナンスの期間を長くおいてしまうと精度に問題が出る可能性があります。ただし、あまり頻繁にアイテムを使用しない場合、メンテナンスから何年も経過しないうちに運針しなくなるケースがありますが、一般的に多くが故障ではありません。機械式時計はしばらく放置しているとオイルの凝固によって動かなくなる場合があるのです。このため、機械式時計はできれば毎日動かして部品とオイルのなじみを良くしておくのがおススメですが、オイル切れや凝固などが疑われる場合はオーバーホールしましょう。

パテックフィリップとは、スイスで生まれた高級時計のメーカーです。世界三大時計メーカーの一つとしても有名です。